モモの世界の最近のブログ記事

 伊勢原市での晋山式を終えて、10日は新横浜から愛媛県松山市へ電車移動しました。これだけの距離を電車移動するのは初めてか、何年ぶりか、電車で弁当を食べるなんて本当に久し振りでした。
 夕方5時前には会場でもあるホテルに入ることができました。部屋に入ると窓の向こうには松山城が望める最高の部屋でした。
 翌11日は午前8時から四国東教区住職研修会において、人権をテーマに話させていただきました。1日目よりは出席者は減っていたようですが、皆さん熱心に聴いてくださり、質問もたくさん受けましたが十分に応えることができず、申し訳ありませんでした。
2014-11-11.JPG
 正午には研修会も終わり、いったん松山駅に戻って荷物をコインロッカーに預けて、松山城を見学しました。見応えある立派なお城でした。その後、秋山好古・眞之兄弟生誕地を訪れました。その後も市街をブラブラし、市電にも乗ってみましたが、JR松山駅に戻るのが遅くなってしまいました。電車の時間を午後2時40分代と勝手に勘違い、駅のラーメン屋さんで「じゃこ天ラーメン」を注文してから電車の時間を確認したら23分発でした。もう、とにかく、あわててラーメンを飲み込んでロッカーから荷物を取り出して一目散に走りましたが、乗ったら発車しました。アンパンマン列車でしたが。
IMG_0665.JPG

モモ荼毘

| コメント(0)
IMG_0482.jpg
  昨夜息を引き取ったモモ、今日の午前中に荼毘に付しました。荼毘のお願いをしたのは、臨済宗妙心寺派の大同寺様です。山東町早田にある朝来市でも屈指の古刹です。午前10時にお伺いし、手続きを終えて火葬と相成りました。骨揚げは午後で、私の会議が終わってから伺いました。骨は持ち帰りましたが、揚げきれなかった骨は境内の供養塔に納めていただきました。懇ろに供養していただき、有り難いことです。但馬の方は、ペットが亡くなった場合はぜひ大同寺様にご相談ください。
P6200145.jpg
大同寺様

愛犬モモ逝く

| コメント(0)
  お寺の愛犬モモが、午後8時半に逝きました。食事も摂れず、水だけで頑張っていました。最後の最後まで息をしようとしていました。最後は息をする間隔もあき、それでも口を開けて息をしようとしていました。17歳と2ヶ月、よく生きてくれました。とてもやんちゃでわがままでしたが、楽しませてくれました。ありがとね。さようなら。
IMG_0905.jpg

昏睡状態

| コメント(0)
IMG_0437.jpg
  寝たきり状態のモモですが、それでも食事をし、元気なウンコを出していました。ただ、この4日間は食べなくなりました。ストローでスポイト状態で水を与えるとペチャペチャと飲みましたが、きょうは水も受け付けません。昏睡状態になりました。最後の最後まで、生きています。

寝たきりモモ

| コメント(0)
IMG_0437.jpg

  寝たきり状態となって約半年になります。食事も排尿排便も全介助、歩行不可能、口腔衛生不可、着替えは元より必要なし、認知症状有り、まあ、とにかく全介助で介護度5は確実です。昼夜逆転もありますが、日に二度のごはんは何とか食べています。

モモ近影

| コメント(0)
  昼夜逆転のモモです。熊五郎スタイルにされていましたので、パチリ。
IMG_0297.jpg

 横で何をしようが、シャッター音がしようが、とにかく起きません。目を開けることもありますが、すぐにグーグー。すみません、緊張感なくて。だって、眠いんだもの。

秋の夜長

| コメント(0)

 今夜は秋らしい涼しい、これまでの暑さからいえば寒いくらいの夜です。こうなれば、食欲と眠気は増すばかり。そう、モモも同じです。

仲良くお食事

| コメント(0)

 「おまえ、食べるの早いなあー」

 「あんたが遅いのよっ」

 「おまえの器、大きいよ」

 「そう、赤いからそう見えるのよ」

 「そうかなあ…」

托鉢…?

| コメント(2)

 バンコクの朝、街頭で托鉢する僧を見ました。朝ご飯を鉢に入れてもらわれていたようです。

 うちのモモも、時折托鉢して帰ってくるんです。近所の方に大好きな人参をいただいて、くわえて帰ってきます。

 帰り着いた途端、私に取り上げられるのですが、「返してよ」と言わんばかりにこちらを向いています。ご苦労さん。だって、私たちもいただきますからね。

 

リンク

   

2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261