友逝く

| コメント(2) | トラックバック(0)
 大学時代に知りあい、同好会で仲良くなり、結局、僧堂まで私が付いていった彼が、今年の5月末に逝ってしまった。兄貴的な存在だった。彼が居ることで、安心感を得ていたのだが、自ら尊厳死を選んだ結果でもある。津送、新忌齋と出頭させていただきお別れをしてきたが、まだ、そこに坐っているようだし、懐かしい場面が甦る。大学時代、週末は座布団を持って映画館へ、朝帰りだったなあ。下宿の屋上でカレー大会したよなあ。保津峡では、エライ目にあわせられたよ。寂しくなった。きっとまた、墓前に参じるから。

2016-07-14 21-10-17.jpg


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://syozen.com/mt/mt-tb.cgi/657

コメント(2)

もう少し、九州が近かったら良かったのですが。。。こちらは七月盆もあり、役員会あり、山門大施餓鬼も近しで御無礼いたしました。私も同じアパートで一年ほど御一緒させて頂きありがとうございました。楽しかった思い出がよみがえります。大分の和尚さんは、私の部屋から僧堂にいきましたし、弁事があると、私の部屋で着替えてどこかに出かけていました。みどりさんかな?   大分には親戚もあるので、いつかはお墓参りをしたいと思っています。伊勢原まで来てくれたのは最後の遠出だったのですね。

本当に良い思い出となりました、伊勢原行き。そんな機会を作ってくれて感謝感謝です。楽しかった思い出を辿っています。

コメントする

 

リンク

   

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261