2016年6月アーカイブ

 社協を退職して8年ぐらいになりますが、久しぶりに熱い社協職員が集う催しに参加してきました。行き先は、兵庫県宍粟市です。播但道は朝来インターから旧一宮町へ入る峠を越えてのドライブです。この道も久しぶりで、一宮に入ると川の流れが良くって、川沿いでしばらく休憩しました。
 参加した集いは、「山本正幸さんを囲む会」です。37年間勤め上げ、円満に定年退職を迎えられた山本さんの、地域福祉への熱い想いを聴く会でした。懐かしい話あり、怒りもあり、いろいろな想いを聴かせていただきました。住民協議体としてのあり方、いかに住民の理解を、共感を得るか、そのための様々な活動があり、結果的にはガラス張りの組織となり、多くの人に受け入れられ協力がある組織体になるんですね。久々に熱い話を聴いてワクワクしました。山本さん、お疲れ様でした。夜は波賀温泉「楓香荘」に移動しての懇親会。豊岡市社協の職員さんも参加されており、頼もしく思いました。
 帰りは、山本さんもオーナーの一人というログハウスを見学しました。男のロマンというのですか、現実逃避して酒を酌み交わす隠れ家なんでしょうね。

2016-06-25 16-33-44.jpgのサムネール画像
2016-06-25 12-45-40.jpg

2016-06-28 06-49-50.jpg

2016-06-14 09-50-37.jpg

公私のけじめが曖昧で、政治資金という使い勝手のよい玉手箱を手にした都知事さん、連日新聞紙上を賑わせています。政治家は土日はもちろん、時間に関係なく活動しなければならず、公と私の区別もつかないほどの多忙を極めているのでしょうね。
宗教法人でも、これは公費か私費か、その判断をして消費しなければなりません。公費で買った物、法人に寄付された物、きっちり区分けしなければなりません。家族で行った温泉旅行、行った先のホテルで和尚様と打合せを行ったから、旅費と宿泊費は公費か。難しい判断ですね。高い給料貰ってるんだから自分で支払えよ、そんな声も聞こえてきそうです。そういえば、寺院も法人の所有物です。そこに住職として住まわせています。家賃はおそらく無償だと思うのですが、決して私の家ではありませんし、毎年会費等をいただいている檀家さんのものでもありません。個人ではなく宗教法人のものです。しかし、自由に使わせております。ただ、だからと言って、プライベートな所までドカドカと入り込まれては堪りません。要は、引退すれば潔く身を引く、そのことが大事だと思います。お寺は決して○○家の所有物ではありません。
都知事もなかなか潔く、とまではいかないようです。難しいですね、いざ自分がその立場に置かれたのなら、潔い判断ができるだろうか、そんな事を思いながら、梅雨空の下を散歩してきました。

2016-06-11 14-30-29.jpg


2016-06-11 16-15-57.jpg

 第33回目を数える山陰東教区坐禅会が5月11日、12日の二日間、朝来市山東町の大同寺様を会場に執り行われました。講座には、妙心寺山内・霊雲院の老師様にお越しいただき、宗門安心章をテーマに説いていただいております。雨こそありませんでしたが蒸し暑い中での坐禅会でしたが、古寺の趣きと豊かな緑のなかで、皆さん清々しく坐禅に打ち込んでおられました。
2016-06-08 07-34-20.jpg
(妙心寺南門伝道掲示板)
2016-05-27 05-16-53.jpg

 妙心寺派宗務本所が進める「第二の人生」プロジェクトでは、第二の人生はお寺に尽くしたいという中高年の方々の相談にあたり、本人の意志が固まり条件が整えば、出家に向けて支援しています。去る6月26日から29日まで、福井県勝山市にある清大寺、通称「越前大仏」を会場に中高年出家者研修会が開かれました。参加者は16人、すでにお寺に入って住職、あるいは留守番役を担っている人、一定の修行を履修中、あるいは目指している人、これから得度を受ける人など、さまざまです。専門道場の雲水さんの指導を受けて4日間の充実した研修を終えました。
 

リンク

   

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261