2016年2月アーカイブ

20160219-01.JPG

20160219-02.JPG

 旅行や食事などでよく御一緒させていただく和尚さんにお声かけいただき、平安京最古の名勝を部屋から望むことができる「神泉苑平八」へ行ってきました。数年前の本山団体参拝でここを昼食場所に選んでいたのですが、私は葬儀が入って行けなかったものですから、ぜひ訪れたいと思っていました。JR二条駅を降りてブラブラ10分ほどで着きます。地下鉄東西線だと、もっと近いです。
 門をくぐると龍王船が迎えてくれます。湧水池を中心に庭園が拡がっています。
 いただいた食事は、日本一太い「うどん」のうどんちりでした。さすがに太いうどんです。うどん好きにはたまりません。庭園を眺めながらの食事、たまの贅沢をさせていただきました。

20160219-03.JPG

 13日と14日は、法務の無い週末でした。リース期間が到来したので、複合機を入れ替えてもらいました。併せて、寺報の印刷製本、先の評議員会の結果をお知らせする花園会資料も印刷製本、護持会費前期分の通知と領収書を印刷、さらに評議員さんに配布するための袋詰め、遠方檀家さんには個別郵送準備と、まあそんな作業に没頭しておりました。幸いに温かい週末でしたから作業も捗りました。少しでも目を通していただければ幸いです。

20160216-01.jpg

20160216-02.jpg



 快晴の休日でした。午前中は部屋に閉じこもり、「松禪寺報」67号の作成、「松禪寺花園会資料」の作成に没頭しておりました。おかげで様でPDFに仕上げるところまで完了し、後は山寺に帰山してから印刷製本し、評議員さんに配布する予定です。この週末に全て完了するかどうか。
 部屋に閉じこもっていたので、午後は世界遺産の醍醐寺まで行ってきました。地下鉄東西線で醍醐駅まで行き、後は歩きで。快晴で気持ち良い散歩になりました。この時期、境内も静かです。のんびりと拝観させていただきました。京都で最古の五重塔は、どっしりと落ち着きある姿でした。今度は、上醍醐まで登ってみようと思います。

20160212-01.jpg
20160212-02.jpg
20160212-03.jpg

20160203-01.jpg
20160203-02.jpg
20160203-03.jpg
20160203-04.jpg
20160203-05.jpg
20160203-06.jpg

20160202-01.jpg

 戦後70年の旅として、沖縄を訪れる機会を得ました。隣り教区の和尚様のお誘いをいただき、初めての沖縄でした。あいにく天気は曇り空、2日目は雨でしたが、それでも私たちには暖かく感じる気候でした。地元の人々は寒いと言っておられましたが。那覇空港に着いてすぐに、沖縄教区の所長様のお寺を訪問させていただきました。元々は米軍基地内にあったお寺だそうで、寺院墓地は今でも基地のなかにあるそうです。檀家制度の無い沖縄の地にあって、寺院経営の難しさもあるなか、教化活動にも熱心に取り組んでおられる姿を伺いました。

20160202-02.jpg

 沖縄は台風の通り道になることが多い上に、高い山が無く木材が不足していることから、住居はコンクリート製です。宿泊したホテルは、リゾート地の保養施設のようなステキな場所でした。最終日の昼食には、琉球樣式の瓦屋根が特徴の「屋宜家」でいただきました。沖縄らしい家での沖縄料理、とても美味しかったです。
 最後にはひめゆりの塔、平和祈念資料館を訪れ、元ひめゆり部隊の女性にお話をうかがうこともできました。改めて戦争は人権侵害の最たるものと実感しました。
 沖縄へ出発する日は、但馬は雪に見舞われていましたが、暖かい沖縄から戻ってみると、やっぱり寒くて震えました。また機会があれば訪れたいと思います。
 

リンク

   

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261