2010年2月アーカイブ

春一番

| コメント(0)

 今朝の本堂の室内温度は約13度、とにかく暖かい朝でした。ついこの前までは、完全なる防寒対策を施して、朝のお勤めに臨んでいたわけで、今朝なんぞは着膨れ解消スタイルでOKでした。暑くもなく寒くもなく、しばらくはこんな感じなのでしょうか。

 しかし、きょうは突風が吹き荒れました。廊下の窓ガラスを震わすぐらいの風で、これはもしやして“春一番”なのでしょうか。

 午後、介護認定審査会に出席しました。会を終えて戻り、コーヒータイムを過ごしてから散歩に出かけました。きょうは、片道約4キロメートルを上回るぐらいの散歩&ジョギングでした。川沿いの初めて歩くコースが多くあり、楽しみながら歩けました。ただ、午後になっても強風は吹き続け、歩くときには風に向かって歩く場合もり、体力を消耗した感じがしました。

 これだけ歩くと、夕食時にいただくハイボールが美味くて、あきません。

春うらら

| コメント(0)

 きょうも昨日と同じで暖かい一日でした。家の奧の方の部屋よりも、外の方が暖かいぐらいでした。まだ、2月なんですがねぇ。 

 そんな春の陽気にも関わらず、薄暗く肌寒い寺務所で、きょうは寺報の原稿を書いていました。護持会前期分の切符を発行しますから、これに併せて寺報を配布するのが常なのです。

 午後、ホームヘルパーさんが母の介護に来てくれました。清拭を終えてから、春うららな境内を、車いすに乗せて散歩させてくれました。ありがとう。

 その後、私は散歩&ジョギングへ。天気も良いからいつもの散歩コースではなく、車で少し移動してからの開始。川沿いの桜並木を歩きましたが、小さな蕾が枝先に見えます。満開の時にここを歩いたら、すごいだろうなあと思いつつ歩きました。

 夕方、大鐘をゴーン。西の山にきれいな陽が沈んでいきました。境内では、クリスマスローズが花をつけています。明日も、天気になあーれ。

インドの香り

| コメント(0)

 本山の委員会でご一緒するS師に教えていただいたインド香、さっそく注文してみました。これまでアジアン雑貨のお店では必ず目にしていたものですが、六角形の筒状の箱に入ったお香です。今回は、HEMというメーカーの、ラベンダー(HEM)6箱 120本入り、プレシャスチャンダン(HEM)6箱 120本入り、サンダル(Parimal)6箱 120本入り、スーパーサンダル(Sital)6箱 120本入り、お香立て箱型「ゾウ柄」を買いました。締めて送料込みで3790円で。6000円以上であれば送料はタダになりますが。1箱20本入りで82.5円ですから、割と気楽に焚けるのが良いです。さっそく、サンダルとラベンダーを焚いてみましたが、けっして鼻につくきつい香りでもなく、しかし、しっかり香りを漂わせてくれます。これから、いろいろなお香を試してみたいと思いますが、まあその種類の多さに驚きます。バニラ、タンジェリン、ストロベリー、ピーチ、ココナツなど、まだまだあります。当面は、このインド香を楽しむといたします。

春の気配

| コメント(0)

 暖かい一日でした。まだ2月(きょうは“猫の日”)ですから、雪に埋もれていても不思議ではないのですが、まったく雪もありません。寺から望む床尾山の山頂付近は雪があるようですが。

 この温暖化で、冬季オリンピックも南極あたりでしか開催できなくなるかもしれませんね。

 境内は鐘楼の近くに、蕗の薹が顔を出していました。すでに、あちらこちらで大きくなっているようですが、蕗の薹を見れば春が来たなあという感じがします。今夜のおかず、さっそく天ぷらでいただきました。

 お隣の三岳には紅梅が満開でした。

 山里にも春が来ました。

 食料品などの買い物は、主に福知山市へ向かいます。自動車で30分ぐらいでしょうか、以前と違って随分便利になりました。その昔、中華料理のお店があった三段池公園は、何度か訪れたことがりますが、ここには植物園や動物園もあるのです。いつも横目で見ながら通りすぎていた場所ですが、きょうは散歩がてら池の公園を歩こうと思い立ち車を降りてみました。

 最初に「都市緑化植物園」に入りました。入館料310円也。ちょうど、雪割草の展示がありました。そのほか、サボテンや蘭のコーナー、バナナも実っているジャングルもあり、コーナーごとに簡単なクイズもありました。

 植物園を出て池の周りを散歩。動物園はパスをしましたが、途中に猿ヶ島って表示があります。のぞいみるとニホンザルがいるじゃないですか。昭和53年に兵庫県は美方町で捕獲されたサルの子孫だとか。少し狭く感じるスペースで退屈そうでしたが、サルって、観てて飽きませんね。

 さらに池の周りを歩きます。天気も良くて、平日ですが小さなお子さんを連れた家族連れが目に付きます。池には、鴨が泳いでいます。のどかですねえ。とても良い散歩コースです。

 身近な場所、いつも横目で見てた場所、歩いてみたら、訪れてみたら、また違った風景がありました。

教区住職研修会

| コメント(0)

 毎年1回は、教区における住職研修会があり、教区内の住職、副住職などが出席して研修に臨みます。その研修会が20日の午後から、和田山町でありました。今年のテーマは授戒会でした。今年の11月に「山陰東教区御親化授戒会」があり、それに向けての準備も兼ねた研修です。他教区の記録DVDを観ながら、授戒会全体のイメージを頭に入れ込みました。すでに当日の役割も所長より発表されており、自分が何を担い実行するか、一人一人の覚悟も大事です。

白いチーズロール

| コメント(0)

 常日頃何かとお世話になっているK師お勧めのロールケーキを、過日いただきました。コンディトライ神戸の「白いチーズロールケーキ」です。普通のロールケーキよりやや小さめですが、しっとり感たっぷりの白いスポンジ、チーズの味もほどよいクリーム、まさしくロールケーキの逸品です。恵方巻よろしくかぶりつきたい衝動に駆られましたが、冷静にカットしていただきました。

 これは、美味いわ。

 本山である妙心寺はホームページ委員会の地方研修が15日、16日の両日、和歌山県・白浜町であり出席していました。毎年1回、委員の地元で開催しているもので、昨年は私目が開催当番でしたが、今回お世話していただいた聖福寺様の至れり尽くせりのお世話に感服いたしました。

 妙心寺のホームページは、開山無相大師650年遠諱事業を終えて「遠諱の軌跡」としてその事業をまとめようとしています。また、新たな試みとしてウェブ上でのショップ開店も控えています。これらウェブ上のさまざまな企画、課題、そして、具体的な作業まで委員会は取り組んでいます。今回もそんな課題の取り組みについて協議する一方、地方研修ならではのプログラムとして、会場である聖福寺様の見学はもとより、地元の観光地も案内していただきました。白浜といえば、アドベンチャーワールドです。パンダ、シロクマの赤ちゃん、迫力のイルカショーなど、子どもから大人まで楽しめる場所です。さらに、南方熊楠記念館は必見です。

 宿所として利用したのは、まるで“きのこどーむ”のような隠れ家気分の「とれとれヴィレッジ」です。外観は一見コンクリートかと思いましたが、どうやら樹脂のような感じでした。この対岸にあたる丘には、西日本最大級の温浴施設「とれとれの湯」があります。十二分にこれら施設を堪能させていただきましたが、ぜひもう一度訪れたい施設でありました。

 この施設のすぐそばは堅田漁港です。「とれとれ市場」で海の幸もたっぷり販売されていますが、ここで買った「白浜スイートポテト」や「いも餅」などサツマイモを原料としたお菓子も絶品でしたよ。

 委員相互の親睦も深めながら、より親しまれるウェブページをめざそうと努力をしています。

 お寺の護持会というか、檀家の会、これを花園会ともいうのですが、これの総代会を午前9時から、評議員会を午前11時からというダブルヘッダーに臨みました。また、評議員会の前に全員が本堂へお参り、涅槃図の前で涅槃会法要を営みました。檀家さんといえども、お寺にある涅槃図を見た人は少ないと思います。そんなことから、涅槃会には少々早いですが今日の会議に併せて営んだ次第です。

 評議員会は予算決算が重要な課題でしたが、無事原案通り承認をいただきました。ヤレヤレです。会計さん(同級生です)にもお世話になりました。

 お寺に関わることとして、慣習として行われてきた部分も、過疎と高齢の時代では無理な部分も見えてきました。例えば、お彼岸や達磨忌などの料理方です。今では食事を作るということを廃止している寺も少なくありません。そこを何とか工夫をしながらも続けていきたいという思いを述べましたが、総代からも続けていきたいという意見もあって賛同をいただいた次第です。

 今年、総代会でもこれらのことを課題として一年間協議し、来年度には新たな方法を提示したいと思います。

 皆さま、きょうの会議はお疲れさまでした。

 今朝も暖かくて、いつものように防寒対策をして朝のお勤めに臨みましたら、少々暑かったです。

 明日は、総代会を午前9時から、引き続き評議員会を午前11時から行います。松禪寺護持会の役員会と総会になります。書院で行いますので、襖を外したり、机を運んだり、もちろん資料の印刷も行いました。

 また、評議員会の前には本堂において、少々早いですが涅槃会を営みます(正式には2月15日が涅槃会です)。きょう、本堂中央に涅槃図を掛けました。松禪寺の涅槃図はとても大きくて、本堂以外の間では掛けられません。いつの時代のものかわからないのですが、明治8年の什物帳には記録されていますから、江戸時代に作られたものであるとは思いますが、痛みも気になるところです。大きな掛け軸なので、その痛みから拡げるのも心配なのですが。

 昨年の2月20日、インドはクシナガラの涅槃堂にお参りしたことを想い出します。今でも多くの人が、いろいろな国からお参りにやってきます、仏教徒にとっての聖地であります。明日は、そんな思いも皆さんにお伝えしながら、法要を営みましょう。

 特定保健指導教室の3回目に、きょうの午後参加してきました。きょうは、歩くときの参考にしようと、目標心拍数の計算、正しいウォーキングのスタイル、簡単な筋トレなどを学びました。

 最初に体重などを計測しましたが、体重は63.6キログラム、体脂肪率14.4%、筋肉率34.4%と、まずまず好成績でしたが、相変わらず血圧は高めでした。

 心拍数では、私の最大心拍数は167。これは、220-年齢で出た数字です。安静時の1分間の心拍数では、私は54でした。これにより、「ややきつい」運動をしたときの目標心拍数は133でした。室内でのウォーキングマシンで60分歩行したときは、140ぐらいの心拍数になっていますから、まずまず効果的といえるでしょう。

 歩くときのポイントは、腕を90度に曲げて体の脇を通るよう前後に大きくふることや、かかとから着地して足の裏で地面をとらえ、つま先で蹴ることなどを教えていただきました。

 また、筋トレでは保健師さんの口から「丹田」の言葉が聞かれました。坐禅の効用も活かさなければなりませんね。

 きょうは、わずか4人の参加でしたが、有意義な時間でした。お疲れ様でした。

アルコールは、メタボには大敵なんですね。私の好物はビールなのですが、これがカロリーが高いときた。発泡酒のなかでも糖質カットのカロリーオフのものが良いようです。最近は、ビール控えめに、ハイボールにしています。ウイスキーは比較的カロリー控え目ですから。

インドカレー

| コメント(0)

 以前から気になっていたお店があります。国道9号線は福知山市のはずれにあるインド料理の店、ジャガタ・マハルです。このお店、以前はラーメン屋さんでした。きょう、このお店に入ってみました。けっして目立つ店舗ではなく、平日だし、きっと空いているだろうなあと思っていたのですが、駐車場はほぼいっぱいの状態でしたし、お店のなかも昼前にもかかわらず複数のお客さんで店内はにぎやかでした。お昼時ということで、ランチを注文。カレーとナンの組み合わせですが、カレーはチキンや野菜などいろいろな種類のものを選べますし、辛さも選べます。きょうの日替わりはフィッシュカレーでしたので、そのままこれをチョイスし、辛さは辛いのを注文。出てきたナンの大きさにビックリしましたが、けっして食べきれない大きさではありませんし、昼食の量としては適当だと思います。アルバイトであろう女性店員さんがお一人、そのほか二人のインドの男性が料理人のようでした。メニューは豊富で、ビールが呑みたくなるメニューでした。食後は、100円のチャイを注文しました。久しぶりのインドの味わいでした。ご馳走様でした。

 “よく降った”という思いはしないのですが、雪。その寒波もきょうは終わり、また、あたたかい日差しが戻ってきました。立春、節分寒波も終わって、もう春の陽気かと思っていましたら、明日からはまた天気は下り坂とのこと、ただし、雪ではなく雨のようです。もう少し、春はお預けのようです。

 何も予定の無い日曜日でした。昼食後、村のなかをぐるーっと歩いてきました。約一時間の散歩です。日曜日ですから、きょうも「但熊」の域内は賑やかでした。

この写真のほぼ中央奧がお寺ですよ

蓮の実

| コメント(0)

 枯れゆくものに新たな命…末枯れた蓮の実ですが、そこへ色とりどりの布で作った実を詰められています。ご近所のTさん夫妻が作られたもので、わざわざ持ってきてくださいました。食いしん坊の私は、パッと見た時は、お菓子かチョコレートでも詰められているのかと思ってしまいました。蓮が咲いていた田んぼは、枯れ果てた蓮が物悲しくもありますが、こうやって新たな命をいただきました。

立春

| コメント(0)

 立春を迎えました。大寒は「大暖」でしたが、きょうは久しぶりに寒い朝を迎えました。本堂内で2度でしたから。しかし、きのうと同じように野山は真っ白ですが、積雪というほどの降雪ではありません。きょうも一日降ったりやんだりの状態でしたが、積雪には至りませんでした。本当に、降らなくなりました。以前ですと、2月はもっとも雪が多い月、そう思っていたものですが。

 午後、障害者認定審査会に出席、終わり次第戻って事務仕事に専念いたしました。

節分寒波

| コメント(3)

 テレビのニュースでは、節分寒波で日本海側は大雪と伝えていますが、新潟や山形など東北地方の話で、こちら但馬の山あいは雪が舞う程度でした。朝の散歩時も、うっすら雪化粧という感じで、こんな雪なら年中歓迎なんて思っていました。日中も同様の状態でした。

 ただ、夜間に入ると、みるみるうちに境内は真っ白になりました。付近の国道はどんな状態なのか気になるところです。今週はずっと雪マークがついた週間予報でしたから、一日ぐらいは強く降っても珍しくはないと思います。

 きょうは節分会ですね。全国の神社関係では祈祷などいろいろな行事で賑わったのではないかと思います。子どもの頃は、父親が鬼役になって寺のなかを豆をまいて走り回ったものです。思えば、まいた豆はネズミの餌にでもなっていたのででないでしょうか。

 いつ頃から「恵方巻」なんて言葉で、巻き寿司を恵方に向かって丸かじりするなんて下品な行為が当たり前になってきました。そう言いつつも、うちも巻き寿司一本が今夜の主食でした。恵方を向いて無言で食べるなんてもったいないことはしませんでした。いえ、おいしくいただきましたよ。

 節分の翌日、大寒から14日目にあたる立春は、明日のことです。昔の人は、立春は新たな年を迎える節目の日なんですね。豆まきで一年の厄を払い、立春で新たなスタートを切る、長い冬から解放される慶びのようなものも感じます。

 庭の蝋梅は、満開です。

春の雪は大都会へ

| コメント(2)

 関東地方では2日未明までに広い範囲で雪が降り、東京都心でも今年初めての積雪が観測され、交通機関にも影響が出ていると今朝のニュースが伝えています。春の雪は都会に降りますね。で、こちらは田舎では、昨夜は雨、今朝はこれも止んでいます。西側に見える床尾山やお寺の裏側にある郷路岳の山頂付近は、雪で白く覆われています。今夜にはまた雨か雪の予報が出ているようですが。

 今季最後の雪となるのでしょうか。昔に比べれば本当に雪が降らなくなりましたね。一応、昔から云われてきた節分寒波は来るようです。ただ、近日は気温が高めです。この時期、以前なら本堂の仏さんにお供えしている茶湯は、凍っていることも珍しくはなかったのですが、今では氷点下になることもなくなりました。暖かいです。

 一日中、雨が降ったり止んだりの繰り返してでした。まあ、明日は立春、暦の上では春ですから、春は間近です。

 今日のお昼には、雨の中隣の隣保、村の一番奥にある堰堤まで歩いてみました。今の時期だから、こんな山の中も歩けます。もう少しすれば、冬眠から目覚めた熊と遭遇するなんてこともあるかもしれません。

 きょうも一日が暮れゆきます。

朔日

| コメント(0)

 2月に入りました。一日は「朔日」(さくじつ)ともいいます。辞書によれば「西方の空に、日の入ったあと、月がほのかに見えはじめる日を初めとして、それから10日ばかりの間の称。」、あるいは「(陰暦の)月の初め。」とあります。また、2月は「如月」(きさらぎ)ともいいますね。草木が更正する「生更ぎ」とか、寒くて重ね着をする「衣更着」とか、そのほかにもいろいろな説があるようです。それにしても暖かい冬ですが、明後日ころには立春寒波がやってくるようです。

 1日と15日の朝には、祝聖(しゅくしん)というお勤めを行います。国家の象徴である天皇の世を祝し国家の安泰を祈願するものです。難しい解釈をせずに、今の日本の平和を祈る大切な法要なのです。「今上天皇聖寿満歳」という位牌を今朝は、本堂の本尊前の正面に置きました。

 午後、昼食後の散歩を終えて、お客様お二人をお迎え。人権擁護委員の業務で、依頼を受けました。委員のなかでは一応若手ですから、役にたてるかどうか不安ですが、期限付きでもありますからがんばります。

 夜、冷え込んできました。テレビのニュースでは東京に雪が降っていると大騒ぎです。こちら、但馬の山奥にはまだ降っていません。春ですね。「東京に降る雪はこれが最後ねと…」、明日はパニック状態でしょうね、東京は。

 

リンク

   

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261