2009年10月アーカイブ

 台風の影響ですか?、朝からずっと曇り続け、時折雨が降ります。夜には激しく降るときもありました。まあ、久しぶりの雨でもありますが、とにかく静かに降ってほしいと願うばかりです。

 秋も深まり、朝晩の冷え込みも強くなってきました。じっとしていれば尚更寒く感じます。そこで、きょう本堂、庫裡に石油ストーブを出して置きました。しまう時も掃除をしましたが、保管している箱のすきまから“お姫さん”が入り込んでいたり、ホコリをかぶっていたりしていますから掃除をして、乾電池を入れて、石油を入れていきました。来月3日は達磨忌を営みますが、天候にもよりますが、ストーブが欲しくなるかもしれません。ストーブを箱から出していて、何だかついこの前片付けたような気がしてなりません。もっとも、片付ける時期も遅くなっていましたが、こんな時にも時の経つ早さを感じます。

 さて、明日も前半は天気が悪そうなので、介護保険の認定調査の資料でも読みますか。

防火水槽の泥揚げ

| コメント(2)

 隣保にある防火水槽に泥が堆積していたので、隣保での泥揚げ作業が朝から夕方までかかって行われました。

 私は、午前中にお墓の建立供養、揚げ法事などがあり、これを終えてから参加しました。水槽には泥のほか鯉が数匹泳いでいましたから、水をポンプで汲み上げてから捕獲されました。水槽の周りは金網で囲まれており、機械で泥をすくいあげるのも1カ所からのみで、後は人力で中央に泥を寄せていきます。とても粘りの強い泥が堆積しており、なかなか骨の折れる作業です。

 すくい上げた泥はトラックに積まれて田んぼや畑に入れられました。砂混じりの泥は、近くに寺の畑がありそこに積んでいかれました。ちょうど、寺の看板があったものですから、これも移転となりました。まあ、剥げ剥げの看板でしたから、明日から塗り直しにかかろうと思います。

 日が沈む直前に、何とかすべての泥をすくい上げ、また水が入れられました。夜には一杯になるのではと思います。

 皆さん、お疲れ様でした。

 10月も早半ばを迎えました。私たちのユニフォームといって良いかどうかはわかりませんが、法衣などは夏用から冬用へと変わります。汗をたっぷり吸った衣などはクリーニングが必要ですし、そうでないものはきれいにたたんでタンスへ。そのかわり冬用の衣を出さなければなりませんし、法衣だけでなく白衣など着物なども入れ替えなければなりません。なかなかできませんが…。

 今朝は霧がたちこめ、朝日も光が柔らかに遮られて、まさに「和光」といった感じです。いつもの朝、モモと一緒にいつもの散歩です。

血圧計を買いました

| コメント(0)

 過日の健診であまりにも血圧が高かったので、普段の血圧を測ってみようと思い、血圧計を買いました。元職場に毎日出向いて、「血圧を測ってくれー」という方法も無いではありませんが、おそらく嫌がられると思い、また、朝起きたとき、夜寝る前の測定が常識のようなので、やはり買わなければなりませんね。できるだけ簡単に測定できるものと注文をつけたところ、ご覧のモノになりました。

 さあて、しばらく測ってみて、お医者さんに持参しますかね。まわりは薬を飲めと言うのですが、なんか飲みたくないなあー、でも、早めに手を打つのが最良なのかなあ…、などと思う秋の夜長です。

秋祭り

| コメント(0)

 秋の日差しを受けて、境内のリンドウが咲き始めました。夕暮れまでの限られた時間に、お日様を一杯受けて風に揺れています。

 きょうは、秋祭りです。稲刈りなど田んぼの仕事も終わり、一年の豊作と無事に感謝いたします。ご近所から毎年のことですが、秋の味覚がつまったご馳走をいただきました。他の村の檀家さんの法事があったのですが、お斉はなかったので、お昼に栗がいっぱい入ったおこわをいただきました。ご馳走様でした。

 午後、練り込みガ村のなかを笛と太鼓で練り歩きます。寺の駐車場でも、練り込みの奉納をしていただきました。ちっちゃな子どもたちも神輿をかついで村のなかを歩きます。最後は、日足神社(ひたちじんじゃ)で奉納となります。笛と太鼓と勇ましいかけ声が、秋の日差しを受けた村の山々に反響して重なり合います。皆さん、お疲れ様です。

お片付け

| コメント(0)

 台風が去って、きょうこそ台風一過の快晴だろうと、新聞の天気予報にも昼前から快晴とありますし、しかし、一日中天気は回復せず、昼前には雨が降る始末。今日ばかりは天気予報も大きく外れました。

 台風が去った後は、おきまりの掃除です。境内から石段、駐車場にかけて落ち葉が一面を覆っています。午前中はもちろん、午後も夕方までかかって落ち葉を掃き集めました。明日はお参りもありますし、明後日は法事、それに村の秋祭りの練り込みが寺の駐車場でも行われるため、掃除は欠かせません。

 久しぶりに一日中外を行ったり来たりしましたので、少々疲れました。出来るだけ早く風呂に入って、休もうと思います。そうそう、きょうから血圧測定を行います。

 台風の接近に伴い、雨、風とも次第に強くなってきました。きょうの昼前には雨が降るだろうと思っていましたが、午後になってからポツリポツリと降り始めました。午前中に外にある風に飛ばされそうな物を片付け、車庫を補強し、墓地の観音堂にもロープをかけました。

 午後、夕方に行く逮夜参りを急遽早めてもらってお参り完了。21時32分には兵庫北部に大雨・洪水警報が発表されました。雨も強くなり、時折強風が吹くようになりました。これから朝にかけて台風の進路が気になるところではりますが、眠気も強く、寝てしまうことでしょう。

中秋の名月

| コメント(0)

 旧暦8月15日は中秋の名月ですね。旧暦ですから今の暦では秋、空気が澄んで清らかな夜空に月がポッカリ浮かぶ、とても風情のある情景です。今年はその旧暦8月15日がきょう10月3日とカレンダーにも書いてあります。旧暦では7月から9月を秋としており、8月はちょうど真ん中にあたるので中秋と呼び、その月の15日にでる満月を「中秋の名月」といったそうです。昔は、農家では秋の収穫が始まる時期にあたるため、畑でとれた芋などに、団子とススキの穂を供えて感謝する、まさに絵になる風景です。芋名月なんていいますが、やはり里芋ですよね。十五夜お月様見てござる、地球のゴタゴタを嘆きながら見ているのでしょうか。

秋の夜を友と別るや名残酒

英州

月見とて友のさげ来し地酒酌む

英州

盃に月を浮かして友と酌む

英州

あの山に月は出るなり子を待ちし

英州


 

リンク

   

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261