2008年3月アーカイブ

記念日

| コメント(6)
50125efb.jpg

 外は大荒れ、夕方には霰が混じっていました。
 天気はともかく、きょうはBlogの更新はさぼれない、そう、記念日なのです。約27年間の勤めを終えた日だからです。
 思えば昭和55年、師である父から手紙で「地元の団体が公募している」という手紙が届きました。私は、修行中だったのです。まだお寺を継ぐという意志が固まらないなか、勤めに出られるのならという安易な気持ちで帰ってきてしまいました。後に父から、「まだ帰らないというものと思っていた」と落胆され、がっかりしたことを覚えています。
 しかし、勤めに出て得た多くの縁は、今の私にとってとても大きな財産になりましたし、多くの教えをいただきました。とても良かったと素直に感謝しています。
 午前9時半、理事長から「…職員を解く」という辞令をいただき、その後の挨拶では涙が出そうになり、ぐっと堪えるというよりは、すぐに話すのをやめてしまいました。その後、管内の支部や福祉事務所などに挨拶にまわり、仕事が終了する午後5時半、職場職員の皆さんに見送られ、花束を贈られ、職場を後にしました。
 市町合併で勤めの関係も大きく変化しましたが、勤めの最後も素晴らしい職員と一緒に仕事ができ、とてもうれしく思いました。自分のわがままを受け入れ、退職願を聞き入れていただいた局長、理事長さん、ありがとうございました。いつも休んでばかりで迷惑をかけましたが、それをカバーしていただいた職員の皆さん、ありがとうございました。寺を守ってくれた母と妻、ありがとうございました。仕事が縁で仲良くしていただいた多くの皆さん、ありがとうございました。これからもどうぞ、付き合ってやってください。
 明日は、送別の宴を催してくださるとのこと、ありがとうございます。感謝感激で今を過ごしています。

けやき伐採

| コメント(0)
0886c6fc.jpg

 小雨降り風が吹くなか、庫裡の裏側、崖の上部にそびえていたケヤキを伐採していただきました。庫裡に近いため、無数の落ち葉に悩まされてきましたし、強風で枝が折れて屋根を直撃することもあったため、根本からの伐採をお願いしました。建物に近いうえに、斜面上部にあるため、なかなか作業は簡単にすすみませんでした。引っ張っていたワイヤーも重さに耐えかねて切れる始末です。それでも何とか、雨が強く降る前に切り倒すことができました。何の被害もなく作業が運んだことに胸をなで下ろした次第です。ご苦労様でした。

寒い彼岸中日

| コメント(0)
5d824747.jpg

 朝から雨は降り続き、寒い寒い彼岸中日でした。今年は、来る22日に本山巡教師開教があるので、彼岸法要も22日に行うことに総代会で決まりました。よって日中は比較的のんびりすることができました。
 それでも、遠方の皆さんがお参りにポツポツ来られたり、正午からは町内の葬儀に出頭してきました。檀家のお家の葬儀ではなく、檀家の奥様の実家のお母様が亡くなられ、その葬儀でした。導師は浄土宗のお寺様です。旧但東町内には浄土宗のお寺は無く、私も初めて浄土宗の葬儀に参加させてもらいました。読まれるお経はもちろん、葬儀の時にも木魚を打たれました。それも、いわゆる裏打ちなんですね。非常に興味深く葬儀に出頭させていただきました。
 夜には、兼務寺院の彼岸法要・観音講、引き続き檀家総会がありました。帰山したのは午後10時。やれやれ一日が終わりました。
 明日は勤め先でも重要な会議があり、土曜日は巡教開経と彼岸法要、日曜日は教区支所長会議で、この会議の資料もこれから作成です。あわただしい年度末です。

よく降りましたね

| コメント(0)

 明日は彼岸中日。例年ですと法要を営むのですが、来る22日(土)に本山巡教師開教があるため、彼岸法要も22日に執行することになりました。今夜は、法要のテーマなど、本堂内部に貼り付ける看板などを作成しました。

 明日は、葬儀に客僧でお参りしなければなりませんし、夜には兼務寺院の彼岸法要と檀信徒総会がありますので、一日中遅くまで動かなければなりません。この前、扁桃腺を腫らしてしまいましたが、体調管理に気をつけてがんばらねば…。

読み書き算盤

| コメント(0)
1f7de5cd.jpg

 「きょうは何の日」を見ると、1964年(昭和39)の今日、早川電機とソニーが初の電卓を発表した日だそうです。一台50万円もしたとか、車一台分の値段だったようです。

 私が初の勤めに出た頃、昭和55年ですが、職場はソロバンでした。昔から「読み書き算盤」と言われたように、算盤のできない私は恥ずかしく、困ったなあと思いました。仕方なしに、小さな手帳タイプの電卓(シャープ製)を買い求めて使っていました。最初の設定では数字キーを打つごとに音がするものですから、「えっ、何の音?」などと言われ、「すみません、私の電卓です」と言って、あわてて音が出ないようにしたのを覚えています。

 今では職場からすっかり算盤が消え、電卓に。ガリ切りから青焼き、ワープロ、そしてパソコンへと時代は流れています。そういえば、ワープロを使い出したのも私が職場では最初でした。とても高く、月賦で買ったのですが、文字が画面に一行しか出ず、記憶はカセットテープレコーダーでした。

 しかし、「読み書き算盤」の大切さは、時代がいくら流れても変わりませんね。我々の頭の動きが鈍くならないためにも。

動き始めています

| コメント(0)
2f1a6e36.jpg

 昨年から里山防砂林整備事業で、寺の裏側に植林した杉などを伐採してもらっていますが、雪が消えた今は、その伐採した杉の片付けなどに連日、森林組合の人たちが朝から夕方まで仕事をされています。大きな杉は搬出され、細いのは林のなかに積まれていきます。お陰で周囲が随分明るくなってきました。

 隠寮の屋根の一部分、トタン部分の腐食が進んだため、今、張り替え作業をしてもらっています。明日には完了するとのこと、有り難いことです。

 きょうの午後は、久しぶりに境内の掃き掃除をしました。本堂前には、本堂の屋根から落ちた雪がまだ多く残っていますので、消えた場所だけの掃除です。植え込みの付近には、鹿の糞がたくさん落ちていました。餌となって裸になってしまった木もあります。すでに草は生えており、これからは一気に伸びていくでしょうね。気候がよくなるとともに、掃除に忙しくなります。

 明日は法事があります。

春の香り

| コメント(2)
07eb34fe.jpg

 最近は暖かい日が続いたうえに、昨夜から今日にかけては断続的な雨で、積もっていた雪も急激に少なくなりました。
 そこで顔を出したのが、蕗の薹です。雪の下では早くから顔を出していたと思いますが、ご覧のようにしっかり成長しています。
 さっそく春の香りを賞味とばかりにいただきましたが、この苦みが春の香りなんでしょうね。 
 来週には彼岸の中日を迎えます。自然も芽吹きの季節を迎え、人もあわただしく活動の時期を迎えます。

スズ象キャンドル

| コメント(0)
0859cc7a.jpg 本山に会議で10日から出向いていました。11日の正午で閉会となり、四条河原町あたりをブラブラしてきました。京都はまさしく春の陽気で、暑いくらいでした。
 錦小路を少しだけ歩いていると、陶器などの間にスズ製の置物があるお店がありました。「Pulau deco」というお店でした。カエルがお皿を頭上にかざすものが目に入りました。どんどん奧へ入ると、なんと本山門前の作務衣が売られていました。そして、ご覧の象が目にとまりました。背中の上のグラスのようなものは、何だろう?。お店の人に聞くと、ロウソクを立てるものだとか。なるほど、象をひっくり返して値段を見たら、「象キャンドル」と貼ってありました。お店の人は、キャンドルとしてではなく、置物として買い求める人が多いとか。全高約9cm、長さも9cmぐらいの小さなものですが、5月には花祭りもするのでそのときの置物としてもいいかなと思い、買い求めました。
 大通りから路地に入ると、このような変わった(?)店がたくさんありますね。おもしろいです。

深い福

| コメント(0)
ab7be06e.jpg

 雪は降りませんでしたが、寒い一日でした。

 法事が1件ありました。きょうのお家の床には、写真の掛け軸がありました。
 左は「福海千尋深」(千尋の海のように深い福)で、南禅寺前管長・牧雲室老大師の書です。13回忌の法事でしたが、その方へ先住が贈ったものです。私の晋山に際しても色々とお世話いただいた方でした。子どもの頃、棚経の折りには必ず食事を施してくださったお家でもあります。その慈悲もまた、海の如く深いものがありました。
 もう一幅は、京都は妙心寺僧堂師家・池上湘山老大師(1856~1928)の書です。かつて、松禪寺にも来られたことがあるようですが、どのような経緯でこの書がこのお家に伝わったのでしょうか。この老師の書は、もう一幅他の檀家さんのお家でも見たことがあります。「花園湘山」とありました。当山にも一幅あります。
 法事にお家に参らせていただくと、時々このような出会いもあり、いろいろと思いを巡らせることができ、これもまた楽しいものです。

13517032.jpg

 松禪寺報第29号と総会資料をこの前から作っていたのですが、夕べ遅くに完了いたしました。今号の寺報では、先の評議員総会で了承を得た本年度事業についてのお願いを中心に掲載しました。特に駐車場拡張では臨時の負担もお願いしなければならず、機会ある毎に報告し理解を求めていきたいと思っています。
 また、檀信徒皆さんには評議員総会に提出した資料すべてを配布します。評議員さんには会議で説明はしていますが、評議員さんから各檀家さんには口頭説明となり判りにくいと思い、毎年行っています。
 複合機、ジェルジェットプリンターをフル稼働して、何とか印刷製本できました。
 また、会費上期の請求資料も作成、こちらはエクセルとラベルマイティ(ジャストシステム)ソフトが活躍してくれます。以前、先住は手書きとゴム印で手間暇かけて作成していましたが、そのことを思えば楽をしています。
 さて、外はまた真っ白になってしまいました。週末には法事がありますが、天気はいかがっでしょう。春はすぐそこまできています。

ひな祭り&誕生日

| コメント(0)
6d3472ff.jpgきょうは、雛の節句、雛祭りの節句、桃の節句、いろいろな呼び方がありますが、そうです、雛祭りです。女児の幸福・成長を祈る祭りですね。昔は、長男こそ大事にされましたが、女児はどうだったのでしょう。今、大河ドラマ「篤姫」を見ていますが、政治に活用されていますね。道具とはいいませんが、利用されています。えらい出世ですけれどね。まあ、今は生まれる子どもが少なくなったぶん、男女兄弟とも大切にされるようになりましたが、中国では一人っ子制度の余波で子どもの甘えさせが問題になっているとか、なっていないとか…。
 そして今日は、我が母親の誕生日でもありまして、齢83歳になります。少々認知症もあり、介護度2です。昨夜も午前2時頃に叫び声で起こされました。なんでも大男が部屋に入ってきたとかで。おかげできょうは眠いです。
 仕事の帰りに、日高町上石の「すまいる」で、ショートケーキを買ってきました。食後のデザートにおいしそうに食べていました。
 ささやかな誕生祝いです。

夏下冬上

| コメント(0)
e109953b.jpg
 休みの朝の仕事は、火鉢に炭を入れることから始まります。夏下冬上(かかとうじょう)という言葉を知っていましたか?。火種を夏は炭の下に、冬は炭の上に置くと火点きが良いということなんですね。茶釜をかけて、それから掃除したりごそごそとしていたら、やがてシュンシュンと湯が沸きます。
 夜は、このお湯でほうじ茶を濃いめに入れ、焼酎を入れて飲みます。美味いのだなあ、これが。
 きょうは、「松禅寺報」の作成に没頭していました。少しずつ書きためた原稿もあり、にわかに書いた原稿もあります。ワープロソフト「一太郎」で書き、保存。さらにテキスト形式でも保存。これを、InDesignを使って割り付け、テキストを流し込んでいく作業です。この作業、モニターは大きいほど作業はしやすいし、パソコンもメモリを上げるなど高性能の方が仕事はしやすいですね。後になって、このことに気づきました。
 明日は、揚げ法事が1件あるのみです。 
 

リンク

   

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261