2006年7月アーカイブ

いよいよ

| コメント(2)
 7月もきょうで終わり。明日からさっそく盆行事が始まります。和田山で出向き、施餓鬼会に出頭いたします。今年、初めて出頭させていただくお寺さんです。18日の兼務寺院の施餓鬼会まで、棚経やら施餓鬼会やらで多忙となります。暑さにも負けず、がんばらねば。
 気になっていた彼女に久しぶりに会いました。心を病んでいるためか食事もほとんど摂らず、非常に痩せていました。この暑い時期に、とても体力が持つとは思えないのですが、一方では別の気力が彼女を支えているのでしょうか。一日も早く完治し、元の笑顔が戻ることを祈るばかりです。
 勤めの関係から、施餓鬼会の準備がなかなかできません。7日がその日なのですが、境内の掃除も不十分のまま当日を迎えそうです。

梅雨明け

| コメント(4)
気象庁が本日、近畿地区の梅雨明けを宣言しました。平年より11日遅い梅雨明けとか。しかし、きょうはの午前中は時折雨も降るような状態でした。法事が1件ありましたが、それに先立ちお位牌の入魂供養で兼務寺院の檀家さん宅へ伺いました。途中、兼務寺院では檀家さん総出で境内の木々の剪定や刈り込みの真っ最中でした。ありがとうございます、ご苦労さまですと声かけをさせていただき、法事のお家へ向かいました。この時点でも梅雨らしく蒸し暑い状態でした。それが午後からは次第にカラリと晴れてきました。これからは、朝目覚めれば蒸し暑いといった感じではなく、少し肌寒い感じの、それでいて蝉の鳴き声がうるさく、どんどん気温が上がる気配を感じる、そんな朝を迎えるのでしょうか。
夏、そして、お盆を迎えます。

暑さにも負けず

| コメント(0)
7e6a0105.jpg 暑さにも負けず、境内ではオニユリが満開です。赤い色が、この暑さを象徴しているかのようです。
 きょうは、石段から石垣周りの草刈りをしようと始めたのですが、石段を終えて、掃き終えたところで雨です。それも、土砂降り。瞬く間にずぶ濡れになりました。しばらくは雨のなかで草刈りをしていたのですが、正午前に引き上げました。
 午後も、依然雨降り。仕方なく外掃除はあきらめて、本堂内陣の掃除をしました。8月7日には施餓鬼会を催します。その準備も進めなければなりませんが、相変わらずグズグズしています。
 きょうの夜は、出石のホテルでライブがあり、しかも知り合いの和尚さんが二人も出演ですから、これは聴きにいかなくてはと思っていたのですが、結局行けませんでした。すみませんでした。
 さて、明日は法事です。

ナホタンのお昼

| コメント(4)
197e2c43.jpgきょうのお昼弁当、ナホタンのお食事です。(なんのこっちゃ)

群馬・水沢うどん

| コメント(2)
a321a2b1.jpg 住職として数々の教化活動を展開されている先輩和尚様から、うどんをいただきました。好きなのですね、禅坊主は、うどんが。いただいたうどんは、群馬県伊香保町水沢にある水沢觀世音(水澤寺)の門前にある「水沢うどん」です。お土産用には生うどんと半生うどんがあるようです。なかなか腰の強いうどんです。水沢山から湧き出る水で天然塩を溶き、こね込みから仕上げまで13工程を2日間にわたり繰り返してつくっているとのこと。さっそく取り寄せて、施餓鬼会に使おうと思います。

寺報24号作成中

| コメント(2)
f5bc67bc.jpg 雨はなく、じっとしていれば汗もあまりかきませんでした。お盆を目前に控えて、きょうは一日中パソコンの前にいました。「松禪寺報」第24号を作成するためです。朝からはじめ、夕方に至り、夜になってようやくプリントアウトを始めました。本年度導入したリコーのジェルジェットプリンターが活躍しています。まあ、今夜中に仕上げることは不可能でしょう。明日もがんばります。でも、明日は教区報の編集の仕事があります。

大雨の被害

| コメント(2)
777469fd.jpg 昨夜は、激しい雨音が休むこともなく続いていました。大雨警報はもとより、深夜に避難勧告で自宅から公民館などへ移動された地区もありました。だれもが、一昨年の台風23号のことを思い起こしていたと思います。写真は、左側の車が停まっている先が崩れ、片側通行になっている国道426号線の正法寺付近です。現在は修復されています。午後には雨もあがり、各地で道路などが冠水していましたが、通行止めなどもすべて解除になっていました。
 台風23号の復旧工事も、今がその最中です。完成が、台風シーズンに間に合うことを願っています。

清竜の滝まつり

| コメント(0)
299aa3cb.jpg 兼務寺院がある豊岡市但東町西谷では、きょう清竜の滝まつりを実施されました。ご覧の滝があるここで、大峰秘法柴燈大護摩供養のほか、そうめん流しやバザーなどもあり、村人総出のにぎやかな祭りです。私は、兼務寺院の先住さんが行われていたとおり、祭りが始まる午前10時までに滝へ出かけ、傍らにお祀りされている不動明王さんにお参りして読経しました。つづいて、お寺の近くにある十一面観世音菩薩(県指定重要文化財)にもお参りして読経しました。こちらは、村の老人会さんが当番となって、お堂でお参りの人をお迎えされています。小さな村ですが、みんな懸命にこのお祭りを維持されています。あいにく雨が降ったり止んだりの悪天候でしたが、多くの皆さんがお参りされました。
 私は、引き続き佐田という集落に向かい、ここの集会場にお祭りされている帯解子安地蔵尊と庚申塔が、道路工事のため移転しなければならず、その供養を村の役員さんと共に行いました。この仏さんの移転は今回で2回目となり、前回は先住が行っており、その証がお堂内部に示されていました。
 午後には、お参りが1件ありました。その後は、教区報などの原稿書きに没頭した日曜日でした。
9e48fee8.jpg 昨日15日は午後5時から朝来市和田山町で、教区花園会役員さんと支所長さんとの合同会議がありました。本年10月24日、25日に鳥取で行う開山無相大師650年遠諱の教区遠諱法要に向けて、その打ち合わせの会議でした。教区と花園会(妙心寺派寺院の檀家さんの組織)が協力して行う法要であり、その打ち合わせも合同となった次第です。事務局より、実施要項、法要日程、法要予算書、募集要項などの案を示し、それぞれにご意見をいただきました。とても活発な意見交換がなされ、この行事に対する皆さんの気持ちがいかに高いかを知ることができました。まだまだ詳細については協議を重ねなければならず、本番まで気をゆるめずかからねばなりません。

雷雨

| コメント(0)
a3581b8a.jpg きょうも朝から蒸し暑い日でした。とはいえ、まとまった雨が降るわけでもありません。しかし、きょうの午後3時前頃だったでしょうか、一発の雷鳴が轟きました。その後、猛烈な雨です。久しぶりの雨のように感じます。7月も半ばですから、ぼちぼち梅雨明けが宣言されても良いように思うのですが。
 夕方、定期受診のため眼科に行きましたが、多くの患者さんで随分待ちました。
 今夜も暑いのでしょうか。冷房機器はありませんので、今夜も蒸し風呂のなかで寝ます。

暑さにはこれ

| コメント(4)
f479f439.jpg 奥様がせっせとつくっている梅ジャムです。携帯のカメラで撮りましたから、ちょっとピンぼけですが、きれいな色です。暑さでバテ気味のからだには、このジャムの酸っぱさが何とも刺激的です。食欲のない朝には、これをトーストに塗れば食べることができます。
 あー、それにしても暑いです。
5a389630.jpg 栗尾ふるさと委員会「ふるさと135」が主催する「薬師祭&ゆめやえいこLive」を、午後から当山で行いました。これに先立ち、昨夜は本日の餅まき用の餅つきが行われ、終わってからは境内のテントにて食事をいただきました。お酒もすすみ、夜遅くにゆめやえいこさんが到着された時にはすっかりできあがり、大歓迎をしていたそうです。(その後、ぶっ倒れ、朝まで熟睡でした。)
 午後1時から本堂で、写経がスタート。午後2時からは薬師堂にて法要執行。午後3時から「ゆめやえいこLive」でした。いろいろな縁をいただいて、毎年コンサートを開いていますが、今回は1年前から約束をしていました。とても小柄な女性でしたが、とても澄み切った美しい女性でした。もともとリズム楽器を得意とされていたとのことで、ジャンべでしたか、数々の民族楽器も持参され、不思議な余韻を残す音楽を聴かせてくださいました。オリジナル曲はもとより、最後の方では聴衆全員で「知床旅情」「竹田の子守歌」「故郷」を大合唱。飛び入りで打楽器を演奏する女性もあるなど、とてもあたたかい感じのすてきなコンサートでした。「緊張しました」と語るゆめやさん、でもその人柄を十分に偲ぶことができました。
 今年も、多くの皆さんの協力と、遠くからもわざわざお越しいただいた皆さんと、縁ありて演奏してくださったゆめやさんと、本当に多くの皆さんの支援でこの行事を執り行うことができました。ありがとうございました。

カード入れ

| コメント(3)
cb816ef6.jpg 時代は、カード時代。クレジットカード、キャッシュカード、お店のポイントカード、診察券、保険証、会員証などなど、次々に増えていき財布には入り切らなくなりました。では、お金とカードを別々にしようと思い立ち、でも、もっともらしいカード入れは嫌だなとウェブ上で探していたら、ありました。バギーポートというメーカーのカード入れです。寸法は、10.5cm×7.5cm×2.5cm で、カード入れは全部で3カ所です。写真に写っている面が一番大きなポケットです。
 悲しいことがあり、へこんでいます。

物騒な残骸

| コメント(0)
146780dd.jpg 今朝から北朝鮮が発射したミサイルについて、ラジオもテレビも顛末を終日伝えています。発射された場所は、私たちが訪れた韓国の統一展望台からはそう遠くない位置のようです。
 きょうの写真は、韓国の沖合で拿捕された北朝鮮の潜水艦です。スパイを韓国内に送り込んで、その帰りを潜水して待っているときに座礁し、それをタクシーの運転手が通報して拿捕されたとのことでした。時期は、そのメモを失ってしまいわかりません。艦内を見学しましたが、非常に狭い艦内です。無線機が目にとまりましたが、確か日本製に似ていました。
 未だ緊張の解けないお国事情を、ほんの一部だけ垣間見た旅行でした。

お茶

| コメント(0)
58767ac1.jpg アジアのどこの国でも、お茶の文化があるように思います。写真は、ソウル市内のカフェとでもいうのでしょうか。人々が行き交う通りに面した2階の窓際にすわって、韓国のお茶をいただきました。私は、ヨモギ茶。連れの人はナツメのお茶でした。お昼をいただいた後のお茶でしたが、ヨモギ茶を飲むと胃がスッキリしたように思います。お茶は、その土地に伝わる伝統的な薬でもあるのでしょうか。お茶を飲みながら、街をながめ、行き交う人々を見ながら、旅の最後を満喫しました。

韓国 統一展望台

| コメント(0)
784c6218.jpg 6月26日(月)、関西空港から午後12時50分発の大韓航空KE732で釜山をめざしました。約2時間余りの飛行時間で釜山に着いてしまいます。韓国も梅雨の時節で、曇っていました。釜山では、国際線から国内線に移動しますが、空港のバスに乗り込んだ途端、ニンニクの匂いです。釜山からは17時20分発の飛行機ですが、約3時間ほど待たなければなりません。空港内のお店などを覗きましたが、冷麺を食べました。釜山からは襄陽空港をめざします。飛行時間は1時間。空港からはマイクロバスに乗り込み、海岸にあるお店で海鮮料理を味わいました。窓から見える沖には、イカ釣り船が見えます。宿泊は、束草市(ソクチョ)にある雪嶽パークホテル。
 6月27日(火)、朝陽が昇る頃、ホテルの窓からは雪嶽山が間近に見えました。きょうは、ロープウェイに乗って雪嶽山の金権城に登る予定でしたが、強風のため運行中止。とても残念でした。この国立公園にある新興寺を参拝しました。その後、バスに揺られて北朝鮮国境の高城統一展望台をめざしました。この統一展望台に入る10km前方にある統一安保公園に立ち寄り、出入申告を提出します。韓国人はさらに、簡単な安保教育を受けなければならないようです。ここからの出発時間も管理されており、決められた時間まで売店を見て歩きました。店の一角には、北朝鮮の物産が売られていました。ウイスキーやワインなどもありましたが、どう見ても古くさいラベルでおいしそうには見えませんでした。統一展望台に着くと、ガイドさんが道でないところに入らないようにと注意します。地雷があるそうです。でも、鉄条網が張り巡らされており、入ろうにも入れませんが。写真は、この展望台から北朝鮮方面を写したものです。晴れて澄んだ日には、金剛山も見えるとか。ただ、一帯の峰峰を総称して金剛山と呼ぶそうです。
 韓国北東の海岸線は、とてもきれいな海でした。ただ、海岸線はすべて鉄条網で遮られ、要所要所には銃を構えた兵士が海を見張っています。展望台からは線路も見えたのですが、当然南北を結ぶ列車は走っていません。緊張は和らいだというものの、陸続き、海続きの国同士が敵対視する国境です。平和な時代に生まれ育った私たちには少々恐怖を覚える光景です。
 

リンク

   

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

アーカイブ

Powered by Movable Type 4.261