退任総代へ感謝状贈呈

 松禪寺の筆頭総代として長らく務めていただきました栗尾の平石義信さんが、12月末日をもって勇退されました。平石さんは平成16年から3期の15年間にわたり、当山護持のために尽力していただきました。平成16年から花園会副会長として、平成26年からは花園会会長として活躍され、常に会長と住職を補佐して寺門の護持発展に努めていただきました。これらの功績は多大であり、大本山妙心寺派管長・小倉宗俊老大師より感謝状と管長染筆色紙が授与され、評議員総会の場において住職より伝達いたしました。

松禪寺からも平石義信さんと共に、今回勇退された佐田の横谷憲治さんへ感謝状と記念品(半月色紙掛け)を贈呈致しました。平石さんから退任の挨拶があり、出席していた皆さんからは慰労の拍手が惜しみなく送られました。永らくのお務め、ありがとうございました。