台風の影響もなく施餓鬼会を厳修

8月7日(月曜日)午前10時より、松禪寺の施餓鬼会を厳修いたしました。この日は台風が近畿地方に接近するため、天候が荒れるのではと心配していましたが、お陰様で午前中は穏やかな天気で、無事円成と相成りました。当山の施餓鬼会は、初盆施餓鬼が中心で、今年は5軒の檀家さんが初盆となりました。暑い中、お寺さまは5ケ寺からお越しいただき、参拝者も本堂いっぱいになるぐらいにお参りいただきました。

ただ、施餓鬼会は初盆供養だけではなく、先祖供養の行事でもあり、初盆だけに関わらず多くの皆さんにお参りしていただけるよう考えなければと反省しております。

施餓鬼会にお参りください

施餓鬼会は、お釈迦様の十代弟子のお一人、阿難尊者の故事により、飲食供養の功徳により亡者を救う行事として起こったものです。「餓鬼に施す」と書きますが、餓鬼とは六道(地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人間道、天上道)のひとつで、苦しみの世界であり、食べ物が無い飢えの世界なのです。しかも、餓鬼は自分の力で餓鬼世界から抜け出すことができないため、施餓鬼供養がその救いの道とされています。有縁はもとより、無縁の衆生に対しても供養する法要であり、自分自身に与えられた生命に感謝する意味合いもあります。

今年も多数の和尚様により法要を執り行います。施餓鬼はもともと初盆など特定の霊を供養するだけのものではなく、ご先祖様を始め、志す精霊にご供養することによって施主皆様の現世安穏が得られるといわれています。ぜひ、ご家族お揃いでお参りください。

とき 8月7日(月曜日)午前10時より執行

場所 松禪寺本堂