梅雨空に祈りの経響く薬師祭

梅雨の明けきらぬ7月8日(土)、夕方になって三三五五、村の人たちが集まってきます。栗尾薬師大祭を明日に控え、その準備と餅搗きを行うためです。これは、松禪寺境内に祀られる薬師如来のお祭りで、栗尾ふるさと委員会「ふるさと135」(会長・西垣章一さん)が主催する行事です。栗尾ふるさと委員会の委員や有志ら22名が集まり、栗尾区の各戸から寄せられた餅米は2斗9升(約52㎏)、17臼を杵と臼で餅に仕上げました。

大祭当日の9日には、午前11時には写経をされる人が寺へ来られました。午後1時半、会長・西垣章一さんの開会挨拶に続き、豊岡市議会議員・福田嗣久氏、但東シルクロード観光協会会長・淀逸郎氏よりそれぞれお祝いのお言葉をいただきました。

法要は薬師堂において、瑞泉寺様(朝来市)のご荷担をいただき、参拝者皆さんと一緒にお経を唱え「福慧増長し心身安楽にして、諸縁吉祥ならんことを」と、健康長寿や無病息災を祈願いたしました。この間、境内では餅搗きも行い、参拝された皆さんにきな粉餅、草餅が振る舞われました。

午後2時半、玉田寺様(与謝野町)のご荷担をいただき、本堂においてコンサートの始まりです。今年は、レイリィ河嶋浩司さん(京都府・与謝野町)の迫力迫る生ギターと歌声のライブです。関西はもとより関東、東北までギター1本の弾き語りスタイルで活躍されているシンガーソングライターです。すべて河嶋さんのオリジナル曲ですが、最近、父親を亡くされたその思いを作詞作曲され、できたばかりの歌も初披露していただきました。網野から来られていた女性は「ギター一本、どの曲も情景が思い浮かぶ歌は、本当に良かったです」と感想を述べておられました。梅雨空を吹き飛ばすくらいの、元気をいただいたコンサートになったようです。

祭りの最後は、餅まき、と言いたいところですが、あいにくの雨降りでした。参拝者皆さんにお配りしました。また、餅だけではなく、出石町の長専寺様(浄土真宗)から今年もポップコーンの機械をお借りし、ポップコーンも皆さんに召し上がっていただきました。

梅雨空の下の祭りでしたが、多くの皆さんの協力もあって、和やかに、そして賑やかな歓声が山寺を包みました。

平成29年度薬師祭のご案内

平成29年度薬師祭を7月9日(日)に執り行います。午前11時から写経、午後1時半から境内の薬師堂において法要を行いますので、ぜひお参りください。午後3時半頃には、餅まきがあります。この行事は、栗尾ふるさと委員会「ふるさと135」の主催事業です。

花祭り

5月5日はこどもの日ですが、お寺では灌仏会、花祭りを行なっています。本堂前に御堂を設置して、皆さんがお花を持って参ってくださるのをお待ちしています。誕生仏に甘茶を濯いでお参りください。甘茶はご自由に飲んでください。器をお持ちの人は、ご自由にお持ち帰りください。子どもたちには、お菓子もありますよ。午後5時頃まで行なっています。

春の雨 心も潤う定期巡教

彼岸中日とは打って変わり、翌21日は雨降りでした。この日は、午前10時より春季定期巡教を開教しました。

布教師さんは、福岡市からお越しいただいた勝楽寺ご住職・青井直信師です。今年のテーマは、「おかげさま」三宝の恩〜仏法ありがたし〜です。約90分にわたって、「仏・宝・僧」の三宝について説いていただきました。玄奘三蔵法師の弟子となった孫悟空、猪八戒、沙悟浄を「貪瞋痴」(とんじんち)という根本的な煩悩に例えながら、わかりやすく話していただきました。平日でもあり約15名の参加でしたが、「良い法話でした」と笑顔で帰っていただきました。

雨降りで足元も悪い中、お参りいただいた方にはお礼申し上げます。春の恵みの法雨が、皆さん方の心を潤したことと喜んでおります。

穏やかな日和 春彼岸会

彼岸中日となる3月20日、お寺では彼岸法要を営みました。朝8時半から台所では当番さんらが、手際良くお昼の弁当作りに励みました。

一時の大雪も昔のことのように思われる穏やかな天候に、お参りいただく皆さんの足取りも軽やかに思えます。

午前11時、30人余りの皆さんと共に、彼岸法要を勤めました。ご先祖様へ、今在る暮らしと命に感謝申し上げました。

法要が終わればお斎です。仏さまにお供えした当番さん手作りのお弁当を、今度は私たちがいただきます。今年からは、長机にイスに腰掛けての食事です。総代会で年輩の方々にはイスの方が良いということになり、評議員総会でご承認いただいて護持会の特別会計で購入していただきました。これで、皆さんも気軽にお参りしていただくことができます。

斎座の後は、妙心寺派が進める「第二の人生」プロジェクトを取り上げた「寺は蘇るか」〜シルバー世代が挑む地域再生〜を鑑賞しました。これは、日本テレビ系で放送されたテレビ番組で、録画したものをプロジェクターで映しました。過疎化がますます進む中、田舎の寺院は存続の危機にあります。松禪寺もその中にあります。次の世代に、いかに繋げていくか、大きな課題を背負っています。

穏やかな日和のもと、彼岸中日はのんびりとした時間が流れていました。

平成29年度花園会総会を開催

松禪寺花園会の予算決算などを協議作成する総代会を1月22日(日)の午後1時半より開催、続いて承認可決を得るための評議員総会を2月5日(日)午前10時より開催しました。総会には参与(住職)、総代6人、評議員14人(総代1名兼務)が出席しました。

会議に先立ち本堂において、涅槃会を営みました。本堂正面に掲げた涅槃図の前で、出席者全員で読経し焼香しました。松禪寺が所有する涅槃図を間近に見ていただく機会となっています。

総会では平成28年度の事業報告と通常会計決算報告、特別会計決算報告、祠堂金積立金の報告、霊園会計決算報告を行い、すべて承認可決されました。続いて平成29年度の事業計画と通常会計予算を提案しましたが、これも原案どおり承認可決されました。本年度の事業では、一昨年から続いている境内掃除を、今年も5月28日と7月30日の、いずれも日曜日の午前8時から約2時間にわたり、草刈りや掃き掃除などの作業を行っていただく予定です。5月は、清滝、本城、柴地、大貝、佐田、石原、久畑。7月は、上山根、下山根、貝田、平田、中路、宮本、樫谷で、それぞれ評議員と協力者約1名を予定しています。万一の事故に備えて保険にも加入しています。

また、春秋彼岸会や達磨忌などのお斎(昼食)の際に、イスに腰掛けて食事ができるようにと、長机とイスを購入することになりました。足が痛いのでお参りは控えようかという声も聴かれる中、ぜひ安心してお参りいただければ幸いです。なお、購入資金は特別会計より支出することで、承認を得ました。

さらに、駐車場北側の墓地の上段側に、参拝者の安全確保のために手すりを設けることにしました。この経費については、霊園会計のなかで執行いたします。

通常会計予算は、昨年度の執行状況を鑑みて予算編成していますが、昨年と大きく変わる項目はありません。

なお、この評議員総会で承認可決いただきました資料等につきましては、檀信徒向けに別途配布いたします「松禪寺花園会資料」をご参照ください。

平成29年度
松禪寺花園会役員(敬称略)
参 与 住職 髙橋乾峰
会 長 平石 義信(栗尾)
副会長 浅田 鑑三(久畑)
総代・会計 柴田 巧(栗尾)
総 代 横谷 憲治(佐田)
総 代 福田 春彦(平田)
総 代 樫本 新二(佐々木)
評議員 藤田  優(清滝)
評議員 酒井 敏則(本城)
評議員 柴田 秀幸(柴地)
評議員 中島 一之(上山根)
評議員 武田 達夫(下山根)
評議員 松本 貞之(貝田)
評議員 横谷 憲治(大貝)
評議員 中島 英三(佐田)
評議員 中島 信之(石原)
評議員 藤田 滝夫(久畑)
評議員 福田 達也(平田)
評議員 久世 善樹(佐々木)
評議員 樫本 好道(宮本)
評議員 樫本 弘明(樫谷)

以上

達磨忌、開基・開山忌を営みました

11月3日(文化の日)は松禪寺、桂昌寺では達磨忌を営む日です。

松禪寺では朝8時半からお斎調理のための当番さんが集います。午前10時を過ぎた頃から、檀家さん達がお寺に参ってこられ、約25人の参拝がありました。午前11時、総代さんが撞く大鐘を合図に、達磨忌、併せて松禪寺を開山・開基された和尚様の法要も執り行います。本堂正面には、達磨大師坐像、開山・開基和尚様の位牌、さらに白隠禅師が描かれた達磨図、臨済和尚の図(いずれも複写品)も掲げました。

法要を終えて和尚が少しだけお話、そして、お斎です。毎年のメニューではありますが、けんちん汁、ふろふき大根、白和え、茶飯です。檀家さんから寄せられた野菜をふんだんに使った料理で、実りの秋を満喫しました。

さて、お斎を終えてからは、白隠禅師遠諱記念DVDをスクリーンに上映しました。二五〇年遠諱の正当年を迎える平成29年に先立ち、知っているようでよく知らない白隠禅師の歴史に、ささやかながら触れていただくことができたのではないかと思っています。

一方、兼務寺院の桂昌寺では午後5時より、同様にDVDを上映し、午後6時から法要を営みました。その後は、檀家さんたちによる食事会で、和気藹々の時間を過ごされていました。

白隠禅師250年遠諱団参に行ってきました

これまで本山団体参拝は隔年実施でしたが、昨年に続いて今年も10月23日(日曜日)にお参りしてきました。参加者は26名。今年の9月からは白隠禅師250年遠諱期間のため、参拝證のスタンプも二つ押してもらえ、灯明消しのうちわなどの記念品もいただけました。午前10時前に花園会館に到着して、まずは開山様と花園法皇様にご挨拶のため、玉鳳院と開山堂をお参りしました。続いて大方丈で記念撮影。この日は雨も心配される曇り空なのに、写真撮影の段階で陽が射し眩しいと思いきや、後ろから和尚の頭が光って…という声も聴かれました。たぶん私だけではないと思うのですが。さらに大庫裡に設営された宝物館へと進みます。狩野探幽など貴重な書画を拝見できました。

さて、法要の時間が迫ってまいりましたので、会場である微妙殿へ。松禪寺・桂昌寺のほか、すぐお隣の雲原の龍雲寺様、三重県亀山市の淨専寺様と兼務寺院の檀信徒皆様と一緒の法要でした。法要後は、導師をしていただいた山内は靈雲院の老師様より歓迎のご挨拶をいただき、続いて参拝5回、10回、20回の表彰がありました。10回表彰では、滝本常雄さん(桂昌寺)、藤田優さん(松禪寺)、平石義信さん(松禪寺)。5回表彰では、藤原秀子さん(桂昌寺)が、それぞれお受け取りになりました。さらに、専任布教師・五葉光鐵師の力強い法話を拝聴しました。

拝観はまだ続きます。今度は仏殿と経蔵です。いずれも普段は拝観できない場所ですが、遠諱特別拝観です。残念ながら経蔵ではグルグル回すことはできませんでした。

さあ、これだけ歩き回るとお腹も空きました。花園会館にて精進料理のお膳をいただきました。ここで、上七軒の舞妓さん地方さんがステージへ登場。優雅な舞を鑑賞し、その後は最後まで各席をまわってお酌をしていただいたり、お話をしたり、写真を撮ったりと賑やかな昼食となりました。

お腹も満腹となり、次は世界遺産の天龍寺へ参りました。法堂において楽しいお話を拝聴したあと、お庭を拝見。そして買い物と、皆さん忙しい時間を過ごされました。まだ紅葉には早いものの、うっすらと色をつけた天龍寺の庭も、またきれいでした。

午後4時半頃、帰路に就きました。車中ではビールやジュースを飲みながらの歓談で和やかな時間でした。全員無事に、楽しくお参りできました。お疲れさまでした。